レインズとは

24index_15

変えたのは、紛れも無く「レインズ」です。不動産業界を知るにはレインズ抜きに語ることはできません。

是非この機会にレインズのことを知ってください。

レインズとは、real estate information network systemの頭文字をとったもので、国土交通大臣の指定を受けた「指定流通機構」である全国四つの公益法人によって運営されている不動産物件情報交換のためのコンピュータネットワークシステムです。

不動産業界が大同団結し、不動産の購入・売却を考えている全国の業者・顧客に、安心できる情報を提供することを目的として、1990年に作られた大規模なネットワークシステムです。

reinnzu_3

レインズは、不動産業者なら誰でも知っていますが、残念ながら一般の方にはあまり知られていません。以前、ネット上で「不動産業者にしか見れない、秘密のデータベースがある」という、まるで都市伝説的な会話をされていたのを見ました。

そんなレインズですが、最も大きな特色は、市場最大規模の物件情報を備えているということです。

大手不動産ポータルサイトの「ホームズ」や「アットホーム」などはご存知でしょうか?

これらのサイトでも物件情報は豊富ですが、レインズには及びません。

ではなぜレインズがそのような膨大な物件情報を集められるのか?

その答えは、物件の売り主から媒介依頼を受けた不動産業者はレインズに登録しなければならない法的義務があるからです。

ようするに売主から売却の依頼を受けた不動産業者はレインズに物件情報を登録しなければなりません。また、登録された物件が成約すれば、成約情報も登録しなければなりません。

こうした法的な義務により、レインズは膨大で新鮮な情報を保有しています。その点不動産ポータルサイトは、不動産業者が費用を支払い、営業促進の為に物件登録をしています。

不動産ポータルサイトに登録している物件情報はほぼすべてがレインズに登録してある物件情報といっても良いでしょう。

但し、レインズで物件情報を見ることのできるのは正規の不動産業者のみです。残念ながら一般の方はレインズの物件情報を見ることはできません。

reinnzu_5

「当社は10000件の物件情報を常時持っています。」「会員登録をすれば、地域のほとんどの物件情報をご覧になれます。」といった不動産業者のウェブサイトを見たことはありませんか?

10000件の物件情報の保有は中小零細企業にとって収集不可能な数字です。しかし、レインズを使えば可能です。

不動産業者にとってレインズはなくてはならない営業システムです。

広告も不動産情報サイトもほとんどがレインズ情報を元に作成しています。

要するに、どの不動産業者に行っても出される情報はほとんど同じです。

よく、「何件も不動産業者を回ってます。」「この後も近くの不動産業者を回るつもりです。」と言われる方が居られますが、時間の浪費に近いものがあります。

下手をすれば、悪い不動産業者に出会ってしまい言葉巧みに契約させられたりもします。
ようするに、レインズは市場に売りに出ている物件情報が集まる→不動産業者はそれを見て仲介を行う→結果、もう不動産業者を何社も回る必要はなくったということです。

このことからもお客様のためを思い、親身に誠実に接してくれる不動産業者を見つければ、そこで市場のほとんどの物件情報を知ることができます。

当サイト「コムマンション鶴見区」は、レインズの情報を元に物件情報を掲載しています。

(※すべてが自社管理物件ではないので、御問い合わせいただいた時に、すぐに詳細をお答えできない場合や、お客様の事情により、詳しい情報が掲載できない場合もございますのでご了承ください。)

Share on Facebook
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加