売却査定の流れ

satei_10

1.査定(マンション無料査定)

まず所有されているマンションが現在どれくらいの価格で売れるのかを知ります。

査定には二種類ありますので、お選びください。

○簡易机上査定

近隣相場、直近の取引事例などによって所有マンションの価格査定を行います。現地調査を行うことなく、スピーディに査定価格をお伝えすることができますが、あくまでも目安の価格となります。

○現地訪問査定

実際に現地マンション調査を行って、室内、付帯設備の状態などを細部まで細かく確認します。また役所に関する調査、マンション権利関係の調査等も行い、近隣相場、直近の取引事例、現在の売出し事例をもとに、精度の高い査定価格を算出します。


2.媒介契約

媒介契約には「専属専任媒介」「専任媒介」「一般媒介」の3種類があります。いずれも基本的な契約内容は同じですが、それぞれ特徴があります。どの種類の媒介契約を選択するかは、どのように売却活動を進めていくかなど、考えている売却方針を踏まえて、自分の意思で選ぶようにしましょう。

○専属専任媒介契約

仲介を1社の不動産会社にのみ依頼する契約で、他の不動産会社に重ねて仲介を依頼することは契約で禁じられています。また、自分で見つけてきた相手方(親戚や知人と直接交渉した場合など)についても、依頼した不動産会社を通して取引することが、契約で義務づけられています。
このように、専属専任媒介契約は、売却活動の全般を1社に任せる契約です。ただし、専属専任媒介契約は依頼者に対して拘束力の強い契約ですので、専属専任媒介契約で仲介依頼を受けた不動産会社の仲介業務については、いくつかの法規制があります。

○専任媒介契約

専属専任媒介契約とほぼ同様の契約ですが、自分で見つけてきた相手方(親戚や知人と直接交渉した場合など)とは、不動産会社を通すことなく契約することができます。

○一般媒介契約

複数の不動産会社に同時に仲介を依頼することができる契約で、自分で見つけてきた相手方(親戚や知人と直接交渉した場合など)とも、不動産会社を通すことなく契約することができます。ただし、最終的には、どの不動産会社を通して取引を進めるかを決めることとなります。一般的には、有力な購入希望者を紹介した不動産会社と取引を進めることが多いようです。


3.売却活動

売却活動開始いたします。

売却活動の主な内容は下記の通りです。

○コムマンションの会員様へメール配信・電話でのご紹介をいたします。

コムマンションに登録いただいた会員様にメール配信し、会員さまのリクエストとマッチする場合は直接お電話(※電話連絡希望の方の場合)にてご紹介させていただきます。

○不動産流通機構レインズに登録いたします。

不動産業者のみが閲覧・登録できる不動産データベースサイト「レインズ」に登録いたします。また登録証明書を取得し、売主様にお渡しいたします。

○コムマンションに掲載いたします。

月間6000セッションある当社コムマンションに掲載いたします。

○ポータルサイトへ掲載いたします。

yahoo不動産・suumoスーモなどのポータルサイトにも登録いたします。

○マンション周辺へポスティングを行います。

近隣へポスティングをいたします。

○その他ブログやSNS等で積極的な告知をいたします。

○販売協力会社への情報を提供いたします。


4.営業報告

専属専任媒介の場合は1週間に1回以上、専任媒介契約の場合は2週間に1回以上、売主様に対して売却活動内容の報告を行います。 報告内容については、反響状況・市場状況などをお伝えいたします。


5.売買契約

通常、購入希望者から「購入申込書」を正式受領した段階で、価格条件、引渡し条件等についての交渉が開始されます。
詳細条件の交渉で、売主様、買主様双方が合意に至ったときは、不動産売買契約を締結することになります。
売買契約を締結すると、一般的に売主様には下記のような義務が生じます。

売買契約に必要なもの

マンションの権利証
実印・認印
印紙(売買契約書貼付印紙代)
本人確認書類(運転免許書・パスポート等)
印鑑証明書(発行から3ヶ月以内)

6.決済・引き渡し

決済当日の流れは下記の通りです。

決済の場所は、買主が住宅ローンを借りる銀行で行う場合がほとんどです。

○司法書士へ必要書類の引き渡し、書類への記名押印

○司法書士による書類確認完了

○金銭の授受(売買代金残金・各種精算金等)

○領収書の授受

○鍵・その他の引き渡し

○司法書士・不動産業者への報酬の支払い

このほか、担保としてついている抵当権の抹消書類を、住宅ローンを借りた金融機関に取りに行くプロセスがある場合もあります。

決済にかかる時間ですが、2時間から3時間程度です。

金銭の授受については、現金が用意されることはほとんどありません。たいていの場合は支払伝票や振込伝票等、伝票上でお金が動いて通帳に記載される形になります。

 

決済に必要なもの

マンションの権利証
実印・認印
印鑑証明書(発行3ヶ月以内)
固定資産税納税通知書
仲介手数料
登記費用(抵当権抹消登記・住所変更登記など)
マンションの鍵
その他(管理規約、パンフレット等)

 

Share on Facebook
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加