売却担当者インタビュー

satei_8

売却相談するときのポイントは?

売却相談するときは慎重に行動することが重要です。
「マンション売却」は家計に大きな影響を及ぼします。だからこそできるだけ得をするように売却したいと誰もがそう思います。
そして得をする売却ができるかどうかは、売却を行う業者又は売却担当者にかかってきます。
大半の売主様は、まず売却をするという動機を持ち、次に売却をするという行動へと移っていきます。
その行動といえばインターネットで情報を集めたリ、近隣の売り物件が載っているチラシを見たりします。
その次は、売却の相談か又は査定という形で、不動産業者に初めてコンタクトをとります。
その際、「コンタクトをとろう」と思った業者の選定になる基準は、ネットで情報を見ていたときに気になった業者や一括査定を行っているサイトであったり、チラシで目についた業者、そしてテレビコマーシャルをしているような有名企業であったりします。

これが依頼する前の一般的な手順になります。ですが、売主様にはすぐ行動を起こすのはなく、是非ここでワンクッションおいてほしいのです。

マンション売却の依頼は不動産業者にとっては、とても嬉しい業務なのです。
言い換えれば、一番したい仕事といってもいいでしょう。その売却依頼をいただくために、不動産業者はあの手この手を使います。
ここには昔ながらの営業手法や巧妙な手も存在します。
もちろん、法律の範囲内ですが、業務倫理を無視したやり方や、担当者の利益優先主義なやり方をよく目にしたり聞いたりもます。
詳しい内容は当社サイト内の「失敗しないマンション売却」に書いていますので、気になる方は是非ご覧になってください。

ようするに、慎重に、前提知識を持って、冷静に考えることで、不動産業者に誘導される危険を回避できるということです。
A業者に依頼をし、買取が一番良いと言われ700万円で売却したあとに、B業者が「うちなら1000万円で売却してあげたのに」って言われでもしたら、悔しくて仕方ありませんよね。
そうならないように、慎重にしなければいけないということです。

また売却担当者もよく吟味する必要があります。 いくら会社の体質がよくても、不動産売却は売却担当者の力量により大きく左右されるお仕事だからです。
細かいことを言い出すといろいろありますが、担当者選ぶチェックポイントとしてとても重要なことがあります。
それは担当者が【本音を語ってくれるかどうか】【売却の経験が豊富か】【選択肢を与えてくれるかどうか】です。
中でも【選択肢を与えてくれるかどうか】がとても重要です。
「こういう事情なので今は売らない方がいい」、「買取もできるが、お客様の場合は時間もあるので売り出し価格をできるかぎり高く設定して販売してみよう」など、業者主導になりがりなマンション売却を、できる限り依頼者主導にするような、選択肢を与えてくれる業者と出会えば成功にぐっと近づくでしょう。。


一番重要なこと、それは“選択肢”を与えてくれるかどうか


これまでは、マンション売却といえば地域のよく知った不動産業者に依頼をするのが多かったのです。
ですが今はネットなどで情報を得ることができ、当社のようなマンション売却をインターネットで依頼する方も増えています。
インターネットが急速に広がった現在では、来店型経営では一歩も二歩の売り遅れてしまいます。

またどんぶり勘定ではなく、細かく戦略を練り、最新の販売手法で売却活動を行う必要がでてきます。売主様もこのような見極めが必要になってきます。

私たちはマンション売却のプロとして、売却をする機会に、選ばれる会社でありたいと願って、日々ベストを尽くしています。

Share on Facebook
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>